駐車場経営による土地有効活用~メリットとデメリット

路上駐車の取り締まりが強化された事も追い風ですが、土地の有効活用として近年ものすごく増えているのが駐車場経営。 相続した土地であったり、使っていない土地を有効活用できないかと考えた時に、選択肢としては「駐車場」「そのまま」「何か建てて賃貸経営」「土地を売却する」など色々考えられますが、今回は土地活用の方法として駐車場について紹介します。

駐車場経営のメリットとデメリット

駐車場経営のメリットとデメリットを紹介します。他の土地活用と比較しながら説明してきます。

駐車場経営のメリット

  • 初期投資の費用が少なくてすむ
  • リスクが少ない
  • 狭い土地でもはじめられる
  • 可能性を残せる

初期投資の費用が少なくてすむ

他の土地活用方法と比べ、初期投資の費用が少なくて済むというメリットがあります。平面駐車場であれば初期投資額がゼロでも可能なので当然やってみても良いかもと考える方は多くなります。立体駐車場の場合は初期投資がかかりますが、アパートやマンションなどを建てるよりは、大幅に少ない投資で土地活用を始められます。

リスクが少ない

初期費用が少なくて済む事に関係しますが、所期投資が少ない為、もし失敗したとしてもアパート・マンションを建てたり、他の土地活用方法に比べると低リスクで経営できます。規模が大きくなるとその分、利益も大きくなりますが、投資額も大きくなります。駐車場の場合は大きい利益を得るには向いていませんが、比較的低予算(低リスク)で始められるので人気があります。

狭い土地でもはじめられる

駐車場の場合は用途地域制限の規制を受けないので住宅用地などで活用できます。アパートなどが建てられない場所であっても利用可能というメリットがあり、駐車スペースさえあれば狭い土地であっても利用できるのは手軽に始められる理由かと思います。

たまに、2台分のスペースしかないコインパーキング等見かけませんか?意味あるの?と思ってしまいますが、地域や活用目的によっては充分活用できているのだと思います。そういった狭い土地や変形した土地でも駐車スペースさえ確保できれば始められるのは駐車場経営の良いところですね。

土地活用方法を変更する可能性を残せる

アパート等は賃貸契約を結んでいる為、借地借家法によって他の用途に転用することは困難で簡単ではありません。しかし、駐車場の場合は借地借家法の適用対象外の為、利用者が居ても立ち退いてもらう事ができます。上記で失敗しても低リスクの話しをしましたが、駐車場経営はリスクが少なく、後で転用しやすいのが駐車場のメリットです。とりあえず駐車場経営で収入を得て、転用するケースにも利用できますね。

コインパーキングや月極駐車場だった場所にマンションが建ったのを見た事ありませんか?土地を売却したのか、等価交換なのか、オーナーが建てたのかわかりませんが、活用方法を変更した訳です。このような利用方法もありますね。

駐車場経営のデメリット

  • 固定資産税の優遇がないので、税制のメリットはあまりない
  • 立地によっては厳しい
  • 利用者が少ない場合儲からない。

固定資産税の優遇がないので、税制のメリットはあまりない

アパートやマンションを建てた場合、住宅用地となり固定資産税の優遇措置を受けられますが、駐車場の場合は住宅用地ではない為、優遇措置を受けられません。

立地によっては厳しい

立地に関しては用途地域制限の規制を受けないのでどこでも駐車場にできるメリットもありますが、収益の上がる場所でない場合は埋まらずに収益を上げることが厳しくなります。駐車場を利用する用途を考えて、充分に事前に調べた上で駐車場にした方が良いでしょう。

利用者が少ない場合儲からない。

当然ですが、利用者が少ない場合、儲かりません。初期投資額が少なくてすむので駐車場にする方は多いですが、アパートやマンションに比べると大きく収益を上げるのは難しいです。

コインパーキングであれば、過剰に近辺に駐車場が沢山あるせいで利用者が少なく収益が安定しない事もありますし、月極駐車場も契約者が集まらない場合は利益を出す事が難しくなります。

立地の所でも言いましたが、都心や繁華街だけではなく、駐車場が足りていない状況があるのかどうか?今後増えていく可能性などを考慮して駐車場として土地活用するかを決める必要があります。

コインパーキング VS 月極駐車場

上記でコインパーキングと月極駐車場について話しましたが、土地活用として駐車場にする場合どちらがいいのか?

コインパーキング経営は実際には土地の所有者が自ら運営している訳ではなく、業者に貸して賃料を得ている場合がほとんどだと思います。その為、収益性を考えると、月極駐車場を運営した方が収益は上がります。

しかし、月極駐車場の場合、埋まらないと利益がでませんので安定した収入を得るなら、業者に貸して賃料を得た方が無難な経営と考えられます。

立地条件に合わせてどのようにするかを検討するのが一番ですが、もし繁華街だけど駐車場があまりない場所でコインパーキングを自営するなら、比較的短い時間でも停める事も多いため、回転率が上がり、収益が伸びる場合もあります。うまく特徴を掴んだ上で運営するとコインパーキングでも、月極駐車場でも収益を出す事が可能です。

月極駐車場は置ける台数によって収益に上限がありますし、コインパーキングについても自営でない場合は、土地の賃料以上の収益はあがりません。立地によっては利用者が多ければ多いほど収益が上がるのでコインパーキングを自営する事も考えた方が良いかもしれません。